いつでも食べたい!東京チョコレートデザート記録2017≪順次追加≫

 

この記事を書いている人 - WRITER -

空港で約7年働いたのち、まったく異なる大手料理教室へ転職し、料理・ケーキ講師の経験を積む。

それと並行してチョコレートを学び、現在はショコラティエとして東京・二子玉川を中心にチョコレートイベントやレッスンを開催。

好きな場所は宮古島とパリ、得意技は美味しそうに食べること・気持ちよさそうに眠ること。 詳しいプロフィールはコチラ

こんにちは、ショコラティエのきょうこです。

東京でチョコレート教室主宰しています。

今日は私が試した東京のチョコレートデザートを紹介します!

私は、どんな季節だろうがお構いなくチョコレートを食べるので、東京でチョコレートデザートを食べたらどんどん追記していきます^^

 

◇この記事はこんな人に向けて書いています◇

  • 東京のチョコレートデザートを知りたい人
  • 季節限定デザートはどんなものがあるか知りたい人

レギュラー商品編と季節限定編に分けて紹介していきますよ~。

◇この記事の追記情報◇
  • 2017/08/22 銀座DelRey(デルレイ)季節限定ソフトクリームと二子玉川Hugo&Victorのパフェを追記しました^^

まずはレギュラー商品編から!

東京のチョコレートデザート記録1、クラフトチョコレートワークスのソフトクリーム【三軒茶屋/レギュラー商品】

1発目はbean to barチョコレート専門店のソフトクリーム。

何度も食べたくなる味です^^

牛乳もチョコレートも・・・こだわりが詰まったソフトクリーム

香川県の牧場から取り寄せているジャージー牛乳と、カカオ豆から作られたチョコレートのブレンドという、材料にこだわったソフトクリーム。

口に入れると、冷たさも味も主張しすぎていない上品さを感じます。

あっというまに食べれる絶妙なバランスが最高で、飽きが来ません。

また、3日ごとに使うチョコレートが変わるので、来るたび違う味が楽しめるという可能性もある、お楽しみ付きです。

私はマダガスカル産とボリビア産を食べたことがあるのですが、どちらも産地の個性がほどよく出ていて、また食べたいと思うほどの美味しさでした!

お値段は味によって異なりますが、600~700円ほど。

もしかしたら、一般的に思うソフトクリームよりはちょっと価格が張るかもと思うかもしれませんが、ソフトクリームがお好きでしたらぜひ食べてほしい一品です。

いや、むしろソフトクリームがそんなに好きじゃなくても、食べてほしいくらいです。

だって・・・実はそんなにソフトクリームが好きじゃない私がリピートしているんですもん(笑)

クラフトチョコレートワークスのその他の情報は、お出かけ記事からどうぞ^^

東京のチョコレートデザート記録2、Hugo&Victorのチョコレートパフェ【二子玉川/レギュラー商品】

続いて、二子玉川の高島屋に2016年オープンしたHugo&Victor(ユーゴ&ヴィクトール)。こちらで食べたチョコレートパフェです。

パフェなので縦長の写真になってしまいますが、王道なチョコレートパフェはこちら。

フルーツなし・チョコレートつくしのパフェです。1728円(税込み)の贅沢なおやつ。

チョコレートアイスとソフトクリームが入っていますが、味はまったくの別物。

どちらも濃いめですが食べやすいので、どんどん食べ進むことができます。

一番下のチョコレートブラウニーがしっとり濃厚で美味しいです・・・!

The 王道のチョコレートパフェ

ただこちら、組み合わせはThe 王道、正統派。という感じです。

  • 生クリーム、マカロン、チョコレートのトッピング
  • チョコレートアイス
  • チョコレートソフト
  • 生クリーム
  • チョコレートブラウニー

良くも悪くも、ストレートです。

なので、「○○と△△のハーモニー」などひねった感じはあまりしないのが正直なところです。

しかし逆に言うと、間違いのないチョコレートパフェでしょう。

冒険したくない、絶対に美味しいチョコレートパフェがいい!というときにぴったり。

店内の雰囲気も華やかなので、非日常な感じを楽しめますよ^^

ではここから先は季節限定編に移ります。

季節限定編トップバッターは東京の一等地にあるお店から^^

東京チョコレートデザート記録3、ジャンポールエヴァンのテイクアウト専用アイス【六本木・東京ミッドタウン/季節限定】

東京ミッドタウンのジャンポールエヴァンはイートインコーナーが併設されているのですが、それとは別で、テイクアウト専門で夏限定アイスが出ます。

毎年少しずつラインナップが変わり、今年は

  • ビターチョコレートのソルベ(シャーベット)×フランボワーズ(写真左)
  • ミルクチョコレート×キャラメルソース(写真右)

の2種類のラインナップ。

各685円(税込み)・2017年8月31日までの期間限定商品です。

2年前に初めてジャンポールエヴァンのアイスクリームを食べてその深い味わいと美味しさに衝撃を受けたのですが、あいにく去年は食べ逃し。先日、2年ぶりにありつけました。

しかも今回は友人とシェアできるタイミングがあったので、一気に2種類を制覇!

意外にも、気に入ったのはミルクチョコレート×キャラメルの組み合わせ!

組み合わせから見ると、私の好みはきっとビターチョコレート×フランボワーズだ!と思って購入したのですが、期待を上回ったのは、ミルクチョコレート×キャラメルでした!

ミルクチョコレート×キャラメルなんていかにも甘そうですが・・・、実際は甘ったるくありません。むしろ余計な甘さを感じさせない、心地よい美味しさです。不思議。

キャラメルソースが結構気に入ったのですが、こちらは黒糖をプラスしコクを出しているということで、だからどこか落ち着く美味しさなのか~!と納得です。

ミルク×キャラメルでもこんなにきれいにまとまるんだなと感動します。

もちろん、ビターチョコレート×フランボワーズも素敵な一品。

しびれるくらい濃厚なチョコレートシャーベット。・・・といってもあまりシャーベント感は感じないくらいしっとりしています。上品です。

正直なところ、もうちょっとフランボワーズソースが多いほうが食べやすいかなという気はしますが、がっつりチョコを楽しみたいときにぴったりな構成です。

テイクアウト専門商品ですが、ミッドタウン内には公共の椅子やテーブルが随所にあるので、空いていればお店の近くで食べることが可能ですよ。

ちなみに刺さっている白い棒は、メレンゲ(卵白に砂糖を入れて泡立てる)を焼いたものです。

さて、次はチョコレートなのに爽やかな夏限定パフェをご紹介します。

東京チョコレートデザート記録4、グリーンビーントゥーバ―のチョコレートグラスパフェ【中目黒/期間限定】

こちらは中目黒にあるbean to bar専門店、「グリーンビーントゥーバーチョコレート」のイートインメニューです。

夏の期間出されるパフェのようですが、明確にいつまでという表記はありませんでした。

さてこれ、そのへんの他のチョコレートパフェと異なる点があります。それは・・・

  • 完食したときにすがすがしいフィニッシュを迎えた気分になる

というところです。

不思議な表現でしょう。

どういうことか、あのときの感動を精一杯表現します。

チョコレートパフェを食べた後って濃厚さが残ることがほとんどだけど、これは違った!

通常チョコレートパフェを食べると、多かれ少なかれ「あ~チョコ食べたなぁ」という感覚が残ります。

その感覚はときに満足感だけではなく罪悪感にもなったり、ラーメンが恋しくなる気持ちにすることもあります。

しかしこちらは、チョコレートづくしなのに完食したときとても爽やかな感じでした。

言葉が合っているかわからないですが、感覚的に言うと、需要と供給が一致した!って感じです(笑)「パフェの量」と「私が食べたかった量」がぴったり!という感じです。

トップ~ミドルはマダガスカル産のチョコレートが主体で、フルーティーな酸味のチョコレート味を楽しむことができます。

でもボトムは違う産地(コロンビア)のチョコレートを使っているため、酸味は抑えた仕上がりに。

だから食べ終わった時に「酸味だけでは終わらない。すべてがつながっていた」という心地よさを感じさせてくれます。

様々な味のチョコレートを楽しめるのに全体が計算しつくされていてうまくまとまっている、そんなデザートです。

1500円+税とお安くはありませんが、この1回でしっかり満足できるように設計できているのでチョコレート好きならぜひ行ってほしいなと思います^^

 

構成はこうなっています。

チョコレートソースがこれまた、それだけを食べていたいくらい美味しい・・・

グリーンビーントゥーバーのお出かけ記事もあります^^

ではお次は銀座に移りまして期間限定ソフトクリームです!

東京チョコレートデザート記録5、DelRey(デルレイ)のクレーム・ド・ショコラ【銀座/期間限定】

ホームページによりますと、デルレイはベルギー北部の都市アントワープが拠点のショコラティエで日本に上陸したのは2004年。結構前ですね~。

こちらに4月くらいから11月くらいまで出るソフトクリームがあるということで立ち寄ってみました。500円(税込み)です。

ソフトクリームの上に振ってあるのはビターチョコレートのフレークです。

こんな食感初めて!なソフトクリーム

見た目は普通のチョコレートソフトクリーム。

食べると口の中にチョコレートが広がっていくのですが・・・、次の瞬間、ふわっと消えます。

あれ、気のせいかな!?と思いもう一度食べてみますが、ふわっと消えるのは本当のよう。

今度はゆっくり味わおうと試みますが、やはりふわっと消えていく。

とっても不思議な感じがします。濃厚なチョコレートがそこにいたのにふわっと消えるんですもん。

もう、雲みたいなソフトクリームです。(あくまで想像の世界)

消える瞬間に生クリームの味がしますが、生クリームのような重い後味はありません。だから本当に不思議です。

私はどちらかというと刺してくるくらいの濃厚なチョコレートが好きなので、この消えた感じに少しだけ物足りなさを感じましたが、総評はなかなか他では食べれないソフトクリームと思っています。

ソフトクリームにも色々あるのね~とお勉強になります。

まとめ

いがかでしたか。

今日は私が試した東京のチョコレートデザートを紹介しました。

レギュラー商品から、夏用に設計した暑くても美味しく食べられる爽やか系のデザートまで、

お店によって特色も異なるので、食べ歩きしていると毎回新しい発見があります^^

ぜひ、足を運んでみてくださいね!

追記情報はトップに表記しています^^

最後にお知らせ

 

◇ショコラティエきょうこより今後のお知らせ◇

秋から、単発チョコレートレッスンをリニューアル&コースレッスンが登場予定、 また、秋からチョコレート定期販売に向けて準備を進めております。

ともにブログ内でお知らせしていきます^^  

チョコモニター募集

 新作チョコの試食などのモニター、イベントのいち早いお知らせ、アウトレットチョコレート販売(※味は問題ないけど、傷やちょっとした欠けがあるもの)のお知らせ、その他先行案内などを受け取れます。      
この記事を書いている人 - WRITER -

空港で約7年働いたのち、まったく異なる大手料理教室へ転職し、料理・ケーキ講師の経験を積む。

それと並行してチョコレートを学び、現在はショコラティエとして東京・二子玉川を中心にチョコレートイベントやレッスンを開催。

好きな場所は宮古島とパリ、得意技は美味しそうに食べること・気持ちよさそうに眠ること。 詳しいプロフィールはコチラ
 

Copyright© きょうこ@東京チョコレート教室 , 2017 All Rights Reserved.