【イベント報告】第2回ワイン飲みながら料理教室~手打ちうどん~開催!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

空港で約7年働いたのち、まったく異なる大手料理教室へ転職し、料理・ケーキ講師の経験を積む。

それと並行してチョコレートを学び、現在はショコラティエとして東京・二子玉川を中心にチョコレートイベントやレッスンを開催。

好きな場所は宮古島とパリ、得意技は美味しそうに食べること・気持ちよさそうに眠ること。
詳しいプロフィールはコチラ

 

チョコレート好きが集まる! 12月7日(木)ボンボンショコラを食べまくるディナー会を開催します 詳しくはこちらからどうぞ!

休日のお昼にワイン飲みながらワイワイと料理^^

こんにちは、きょうこです。

今日は第2回ワイン飲みながら料理教室の報告記事です。

手打ちうどんに挑戦しましたよ~!

私のお友達が写真撮影に来てくれたので、今回の報告記事はたっぷり写真付きです^^

ワイン飲みながら料理教室とは

夫婦企画としてスタートした、ワイン飲みながら料理教室。

主人は「料理×ワイン」をテーマにワイン会を開催しており、私は元・料理教室講師。

2人の新しい取り組みとして「ワイン飲みながら料理教室」を始めました。

がっつり手作りする!というよりも、ワイン飲みながら料理を気軽に楽しむというスタンスなので、面倒な作業は私たちで済ませるようにしています。

エプロンも、使い捨てのものですが用意しているのでほぼ手ぶらで来て頂けます。(スリッパはご用意いただいています)

1回目の前回は初めてということもありすごくバタバタでしたが、今回は私も少し楽しむ余裕がありました^^

参加者は30人を超えてワイワイ

今回は30人を超える方々にご参加頂きました!(1回目は30名弱でした)

男女比はほぼ1:1です。(きも~ち、女性が多いかな?というところでした)

先に女性が申し込む傾向があるので、男女比が均等になるよう開催前は男性のみの募集に切り替えて調整していますので、圧倒的に女性が多い、ということがないようにしています。

第2回ワイン飲みながら料理教室のメニュー

第2回ワイン飲みながら料理教室のメニューは、

  • 手打ちうどん~バジルソースと手作りめんつゆ~
  • 夏野菜のラタトゥイユ
  • ごぼうチップス

の3品。

もう夏が終わるんですけど、ラタトゥイユ登場です(笑)

強力粉と薄力粉をミックスして手打ちうどん作り

うどんは本当は中力粉を使って作ります。

薄力粉・中力粉・強力粉と3種類あるその違いは「たんぱく質の含有量」。

その中でうどんに向いているのは中力粉ですが、中力粉はうどん以外に使うものがあまりないので、わざわざ用意してもその後他のものに使いまわしにくいのが現実です。

そこでより身近な、強力粉と薄力粉を1:1の割合でブレンドして作りました!

トマト缶を使わずにラタトゥイユ

ラタトゥイユは野菜のトマト煮込みなのですが、大体はトマト缶を使って作ります。

トマト缶は余ったら冷凍できるものの、こちらも余ると次何に使おう・・・と悩んでしまうので、トマトジュースを使って作るものをご紹介。

トマトジュースなら余っても飲めばいいですもんね^^

ワインは6種類ご用意

 

ワインは、ソムリエの資格を持つ主人がセレクトしています。

月10~15回ほど開催される他のワイン会のワインも選定しているので、ワインをバランスよく楽しめるのが特徴です。

スパークリング、白ワイン、赤ワイン各2種類を用意しましたが、「隠しワイン」としてほかに何種類か持参しているので、実際は6種類以上お楽しみいただいています。

スパークリングにはロゼも入れてますよ^^

ワイン飲みながら料理教室1、こんな感じでワイン飲みながらごはんを作ります

料理をしたり、ワイン飲んだり、交流したりを皆で交代しながら楽しんでいきます。

グループでうどん生地作り

4つのグループに分かれてうどん生地作り。

まずは私が調理台で説明とデモンストレーションをします。

前回たくさんの人に囲まれてドキドキしていましたが、今回は少し慣れた感じにできた・・・かもしれません。

粉にお水を少しずつ入れて、こねていきます。

お水を入れすぎるとあとで生地が切りにくくなってしまうので、皆で加減を見ながら生地をこねていきます。

「まだお水入れて大丈夫ですか!?」

「もっとこねますか!?」

などの質問が飛び交い、皆さん真剣に取り組んでいました^^!

私もデモンストレーションした生地を持ち歩き、「こうなればOK」というところをお伝えしていきました。

「気軽に料理」がコンセプトですが、タイミングをみて料理のコツなどどんどん伝えていきたいなと思っています!

うどん生地は30分ほど寝かせると水分がいきわたりやわらかくなるので、その後各グループでカット。

会場のお鍋の数の関係上、茹でるところはこちらでまとめて。

私が責任もって真顔で茹でました。

なおこちらの手打ちうどんは手作りのめんつゆ(デモンストレーション)とバジルソースでお召し上がりいただきました。

めんつゆだけでシンプルに食べたり、バジルソースの和えうどんにしたり。

または、めんつゆにバジルソースを混ぜても美味しいのでそれぞれお好みで組み合わせます。

無事うどんになりました!

ラタトゥイユは野菜を切って炒めるところをメインに

うどん生地を作るのと同時に、ラタトゥイユの野菜を切って炒めていきます。

皆さんきれいに切って頂きました^^

このあと炒めて、トマトソースで煮込みます。

煮込む部分は私たちにお任せいただき、炒めるところまでお願いしました。

炒めたら、ワインを楽しむ時間へ。

ごぼうチップスはデモンストレーションで

ごぼうチップスについては、ワインのおつまみにしてほしいという気持ちから、デモンストレーションをメインにしました。

コンソメを入れたお水で下味をつけるものの、味自体はシンプルに。

お好みのスパイスをかけて仕上げます。

つまみ食いをしているところをキャッチされた私、つかの間の試食に幸せそうです。

ワイン飲みながら料理教室2、楽しそうな雰囲気をご紹介

ちょっといやらしい見出しタイトルですけど(笑)、いい感じの写真があったので少しでも会の雰囲気が伝わればと思い、ご紹介します。

次回の料理教室報告記事はきっとまた写真が少なくなりますからね・・・(笑)

ワイワイワインを飲んでいます

勝手に顔写真使うのは・・・と思い、スタンプで加工したので非常に伝わりづらいのですが、皆さん楽しそうな表情をしています。

こういう部分を見ると、この会を開催してよかったと心から思います^^

ワイン好きという共通点が会話を生み出すんですね!

全体の雰囲気

ワインを飲む・料理するをローテーションで^^

グループに分かれ、うどんを頑張って作っているところ

 

ついでに私の真顔写真も。

え、別にいらないって?

そう思うでしょうけど、カメラを気にしていないあまり塾の講師の写真のようになってしまったので、記念に紹介します。

ついでに真剣だということが伝われば嬉しいですね。

物理を教えている風

この手のかたちが謎・・・

実験の説明しているかのような表情

私こんなに真顔なのかと正直びっくりしました

ワイン飲みながら料理教室3、前回の反省を活かして改善したところ

前回は初開催ということもありとってもワタワタしてしまったので、反省をしつつ今回に活かしました。

1回目と変えたところは、

  • 立食形式にする(→それによって自由に動けるように)
  • できたものはどんどん食べていく(→ワインのつまみになるように)
  • レシピはWEB上で見てもらう(→紙はワインリストだけにして荷物少なく)
  • 調理過程をもっとシンプルにする

などです。

特に、できたものはどんどん食べていくスタイルは正解だったように思います。

ワインに加えおつまみがあると会話がはずみますしね。

この会を開催すると、食とワインのパワーってすごいなと思います。

どんどん進化していくワイン料理教室にしていきたいと思います!

まとめと次回予告

いかがでしたか。

今日は第2回ワイン飲みながら料理教室の報告をお伝えしました。

参加者にほどよく料理を楽しんで頂けるようにメニュー構成を工夫している、ワイン飲みながら料理教室。

既に次回開催のお問い合わせ、次回の申し込みも頂いており嬉しい限りです。

次回は2017年10月1日です

次回開催は10月1日(日)に開催します。

メニューは、

  • 手作りナン
  • カレー(デモンストレーション)
  • おつまみ2種

の予定です。

ひとり1人ご自身のナンを仕上げて頂く予定ですよっ^^

お申込みはこちらから(別ウィンドウで開きます)

この記事を書いている人 - WRITER -

空港で約7年働いたのち、まったく異なる大手料理教室へ転職し、料理・ケーキ講師の経験を積む。

それと並行してチョコレートを学び、現在はショコラティエとして東京・二子玉川を中心にチョコレートイベントやレッスンを開催。

好きな場所は宮古島とパリ、得意技は美味しそうに食べること・気持ちよさそうに眠ること。
詳しいプロフィールはコチラ

 

Copyright© 1粒革命チョコレート教室Atelier Kyon-chocolate , 2017 All Rights Reserved.