こんにちは、ショコラティエきょうこです。

 

2月の第1・第2週とバレンタイン1dayレッスンを開催しました。

どんな作品が仕上がったか、そしてレッスンに対する私の思いを備忘録がてら記事にします。

スポンサーリンク

バレンタイン1dayレッスン参加者さんの作品!

バレンタインレッスンでは、

  • 生チョコレート
  • ビスケット入りトリュフ
  • ボンボンショコラ

の3つのレッスンを開催しました。

参加者さんの完成作品を抜粋すると・・・

こんな感じに仕上げました!

私のバレンタイン1dayではどのメニューも共通して材料混ぜるところからラッピングまですべてご自身でやって頂きました。

参加してくださったのは「普段お菓子作らないけど・・・」という方から「パンやお菓子作りが好き!」という方まで幅広かったですが、みなさんきれいに仕上げてくださいました^^

そう、私はレベルに合わせてわかりやすく丁寧に教えるのが得意なのです!(笑)

 

誰にあげるの~?とか、買ったことあるチョコレートの話・チョコレートの疑問などを話しつつ、本格的な仕上がりになるチョコレート作りを進めていきましたよ~。

 

勉強になったこと:ネックレスが物撮りに使えるという話

 

バレンタイン1dayレッスンでは箱やリボン・袋を何種類か用意したなかから選んで頂きラッピングしたのですが、それぞれの好みやワザが出ており、こちらも見ていて勉強になりました。

 

なかでもびっくりしたのが、手持ちのネックレスとラッピングにあったリボンを合わせてかわいく写真を撮るワザ!

上のギャラリーにも載せていますが、じゃんっ。

以前アパレル勤務をしていたらしく、そのときに得たワザだそうです。

私は最近になってやっと「チョコの下に何かシートを敷く」というワザを得たレベルなので、とっても勉強になりました。

まわりに備品(?)があるだけで、何か・・・チョコレートが見違えます・・・よね。

レッスンに対する、私のキモチ

今回のバレンタイン1dayレッスンを振り返り、反省したこともたくさんあります。

11月~1月まで体調がよくなかったゆえに告知が遅くなってしまったとか、年明けにチョコレート5kg買ったのに足りなくなった!とか箱も意外と足りなくない!?とか・・・

自分ひとりでバタバタしていたけど、でもレッスンを終えて強く思ったことがありました。

 

やっぱり、レッスンは楽しい。

 

もうこのひとことに尽きます。

立ちっぱなしで背中痛くなるし、

普段自宅でレッスンしているので、今回レッスン場所まで荷物を持っていくのにひと苦労だし、片付けや準備もひとりで行うし。

 

どこに旅行に行くの!?ってくらいの荷物量になるんです。笑

 

大変なことがたくさんだけど、

 

  • 「できない」から「できた!」に変えた瞬間
  • 「わかった!」をもらえた瞬間
  • 参加者さんが「ちゃんとできてよかった!」といって帰る瞬間

 

これを味わったとき、疲れがとても心地よいものに変わり、あぁレッスンって楽しいなぁ~としみじみ感じます。

 

メインサービスの6回コースを始めて、そのときも「レッスンって楽しいなぁ」と思っていたけど、今回のバレンタイン1dayでも同じ気持ちになりました^^

私がチョコレートレッスンで重要視していること

ところで、私はレッスンの中で

  • できるだけ生徒さんに作業してもらう

ということを重要視しています。

 

ちょっとイジワルみたいだけど、私は基本、生徒さんの分は手伝いません。

困っているときにはもちろん手助けやアドバイスをするけど、実際の作業はご自身で手を動かすことが何よりも習得につながると思っているからです。

 

レベルに合わせてどの目線で教えたらいいかを見極め、わかりやすくおしえるように心がけ、等身大のチョコレートレッスンをする。

これが私のレッスンスタイルとレッスンへのキモチです。

 

バレンタインも同じ路線でいいのか迷ったけど、「本格的なのを作りたくて」と言って来てくださった方が何人もいて、方向性は間違っていなかったのかな、と思っています。

来年のバレンタインレッスンへの妄想

来年(2019年)もまた、バレンタイン1dayレッスンができたらいいな。と思っていますが、メニューやレッスンスタイルなどを同じにするかはわかりません。

  • お酒好きな彼向けに、シャンパントリュフ作るの良さそう!(冷やすの時間かかるけど)
  • コーヒーのトリュフとかもおしゃれっぽくない!?
  • やっぱりボンボンショコラのレッスンをたくさんやりたい!

 

など・・・妄想は尽きません。笑

 

まとまりのない感じになってしまいましたが、今日はこのへんでおーしまいっ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事も読んでみてね