日本未発売のチョコレートを食べたい

イヴ・チュリエスってどんなチョコレート?

バレンタインの時期になると、様々なチョコレートが1ヶ所に集まり、目移りしてしまいますよね。

どれを選べばいいのかも難しいところです。

そこでこの記事では、ショコラティエきょうこが実際に食べて美味しいと思ったチョコレートのひとつ、イヴ・チュリエス(Yves Thuries)を紹介します。

日本未進出のフランスのショコラトリーで、2017年に試食会で食べて以来すっかりファンになっております。

  • イヴ・チュリエスはどんなショコラティエ?
  • 2019年はイヴ・チュリエスはどこで買える?
  • 2018年のイヴ・チュリエス販売情報

などをまとめていますので、イヴ・チュリエスや日本未進出のショコラが気になる方はきっと参考になりますよ。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

イヴ・チュリエスはどんなショコラティエ?【概要】

「イヴ・チュリエス」はフランス人ショコラティエで、お名前がそのまま店名になっています。

フランス国内には60店舗ちょっと、うちパリには5店舗構えています。

きょうこ
フランス土産に買うのもおすすめ!

チュリエスさんは、フランス菓子界の巨匠

試食会のときに頂いたプレスリリースによると、

チュリエスさんは世界でただ1人、同じ年に「フランス国家最優秀職人(M.O.F)を2部門で取得したフランス菓子界の巨匠

とのこと。

M.O.Fは3年に1回開催されるのですが、日本でいう人間国宝に相当する称号。

それをひとつ取るだけでも素晴らしいのに、同じ年に「チョコレート・アイスクリーム部門」と「製菓・惣菜部門」のダブル獲得をしているお人なのです。

そんな快挙を成し遂げたのは、今でも世界でチュリエスさん1人です。

原料や製法にこだわっているチョコレート

チュリエスさんは原料にもこだわっており、

  • カカオ豆はエクアドルの自社農園で
  • ヘーゼルナッツは南フランスに農園を作って

栽培しています。

また、独自の製法を守り続け、チョコレートはフランス国内でのみ製造しているそう。

各国に進出するフランスショコラティエが多い中、チュリエスさんはご自身のこだわりを守り抜いているのですね!

【2019】イヴ・チュリエスのバレンタイン販売は?

2019年のイヴ・チュリエスのバレンタイン情報については情報が見当たらないので、昨年販売していた会社に聞いたところ、その会社では2019年の取り扱いはないそうです・・・(がーん)

パウチタイプのものは輸入食品店などで売っているそうですが、ボンボンショコラではないのは確か。

残念ですが、またの機会を待つしかなさそうです。

2019/02/06追記:デパートで発見!

東京・二子玉川の玉川高島屋で開催されている「アムール ド ショコラ」に立ち寄ったら、イヴ・チュリエスが出ていました!

高島屋のカタログやオンラインストアには載っていなかったので、びっくりですが、、売っていることは確認できました。

頂いたリーフレットを見ると、取り扱いの会社が2018年とは異なるようです。

なので、ラインナップもかなり違いますね!

↓の写真は、頂いたリーフレットを撮影したものです。

ネットでは買えないのと、ほかの高島屋で取り扱いがあるかはわかりませんが、玉川高島屋に立ち寄ることがあったら行ってみてください。

試食を頂きましたが、おいしかったですよ^^

ここから先は、過去(2018年)の販売情報を書いています。
気になる方はご覧ください^^

イヴ・チュリエス以外のブランドでおすすめを知りたい方は→【大丸東京2019】バレンタインチョコのおすすめはこれ!をどうぞ!大丸東京じゃなくても販売しているもの・通販できるものをピックアップしています。

スポンサーリンク

【2018】イヴ・チュリエスのバレンタインラインナップ

そんなイヴ・チュリエスは、日本にはバレンタイン期間だけ登場します。

2018年は、全国約30の百貨店に出店しているとのこと。

バレンタインコレクションとして、4つのコレクションと5種類のタブレットが登場します!

フルーツ・コレクション

ペアー、カシス、アプリコットのチョコレートのセット。

チュリエスさんの自社農園で栽培されたカカオを使用したガナッシュと、南フランスのドライフルーツのトッピングしたこだわりのセットです。

見た目もかわいらしいですね^^

ドライフルーツのアクセントと、濃厚なチョコレートのハーモニーがとても良かった・・・私は特にカシスが好きでした!

3粒入り:1425円、4粒入り:2850円(税別)

デザートコレクション

実は・・・私がいちばん感動したのはこのコレクション!

クレームブリュレ、ミルフィーユ、タルトシトロン(レモンタルト)の3種類が入っています。

フランスの伝統的なデザートを、チュリエスさん独自の感性でチョコレートに再現したとのことですが・・・本当にそのデザートを食べているみたいで、でもちゃんとチョコレートの味もする!すごくバランスの取れたコレクションです。

私、まさにこういうチョコレートを作りたい!と思ったんですよ。(←何様?笑)

特に、ミルフィーユ・・・フィアンティーヌ(パイ)とプラリネのバランスが最高です!

転写シート(表面の模様)も、フランス語でそのお菓子名が印字されていてユニークです^^

3粒入り:1275円、6粒入り:2550円(税別)

イヴ・チュリエス セレクション

ココナッツ・シトロン(レモン)・ジンジャー・フルーティージャスミンの4種類が詰まったセット。

チュリエスさんが日本に向けて創作したスペシャルフレーバーだそう。

私個人的には、どれも得意なフレーバーではないなと思ったのですが、食べてみると濃厚なガナッシュと程よいフルーツ感に感動しました。

余韻があまり続かないチョコレートが多い中、こちらはほどよい濃厚さと余韻を楽しむことができます。

ココナッツもね、全然臭くないよ。

見た目は上の2種類に比べ、シンプルです。

4粒入り:1800円、8粒入り:3600円(税別)

スペシャル・マカロン

4つめのコレクションは、マカロンをチョコレートで表現した商品。

イヴ・チュリエスの代表作だそうで、その中で人気の4種類を楽しめるコレクションとのこと。

キーライム・ココナッツ・クレームブリュレ・パッションフルーツです。

かたちや色もかわいくてフォトジェニックな感じですね^^

外が軽めの食感で、食べると中からなめらかなガナッシュが出てきます。

私は意外にもキーライムが気に入りました。

なかなかこういうチョコレートって売ってないですよね!

4粒入り:1500円、8粒入り:3000円(税別)

タブレット

View this post on Instagram

 

Chocolats Yves Thurièsさん(@chocolatsthuries)がシェアした投稿 -


あとはタブレットの販売もあります。
ラインナップは、

  • キャラメル
  • ペパーミント
  • バナナ
  • マンゴー
  • 抹茶

で各種750円(税別)です。

私はキャラメルをいただいたのですが、板チョコの中に濃厚なキャラメルソースが入っていて上にはアクセントにキャラメルトッピング。

贅沢な板チョコレートです^^

まとめ

いかがでしたか。

この記事では、日本未発売のショコラティエ、イヴ・チュリエスを紹介しました。

2019年はバレンタインでの取り扱いがないらしく非常に残念ですが・・・どこか販売情報を手に入れたらこちらでシェアします。

この感動が忘れられなくて、フランス土産でもイヴ・チュリエスのボンボンショコラ詰め合わせをお願いしたのですが、どれも濃厚、フレーバーとのバランスが絶妙で、美味しくて生徒さんとあっという間にペロリ!でした。

日本未発売で、美味しいチョコレート!をお求めでしたら、ぜひイヴ・チュリエスにチャレンジしてみてください^^

きょんちょこの裏話をメールで配信しています♪

ブログには書ききれないボンボンショコラの作り方ポイントなどをお話しています。 登録は無料なのでお気軽にどうぞ♪  

LINEもやってます☆

きょんちょこのLINEアカウントでは、ボンボンショコラ作りの質問にお答えしています! ブログやYouTubeの更新情報をメインにお知らせしています。 こちらも無料ですので、お気軽にどうぞ!   友だち追加
◆ID検索でも友だち追加できます→ @kyonchoco で検索すると出てきます(^^)
◆URLからLINE登録する場合はこちらから→きょんちょこのLINEへ
スポンサーリンク
チョコレッスン開催しています♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事も読んでみてね