Heart shape chocolate rising from chocolate ripples
ボンボンショコラのコーティングにおすすめのチョコはどれ?

チョコレートの選び方を知りたい!

こんにちは、東京・神奈川のチョコレート教室・きょうこ です。

ボンボンショコラのガナッシュ(中身)を作ったらコーティングをして仕上げますが、実はチョコレートによって作業のしやすさが変わってくることをご存知ですか。

そこでこの記事では、ボンボンショコラのコーティングに向いているビターチョコレートを3つ、ご紹介します!

実際に使ってみてのおすすめなので、きっと参考になると思いますよ。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

ボンボンショコラのコーティングに向いているチョコはこれだ!

ボンボンショコラのコーティングをするとき、実はチョコレート選びがとても大切です。

同じチョコレートでも、各メーカーは

「コーティングなどに向いているチョコレート」

「中身や焼き菓子に混ぜるのに向いているチョコレート」

など目的別に作っているからです。

その中で、実際に使ってみてコーティングに向いているなと思ったチョコレートは次の3つ!

・富澤商店のクーベルチュールスイート

・カカオバリーのエキストラビター(カカオ分64%)

・ベルコラーデ

それぞれどんなチョコなのかご紹介しますね!

富澤商店のクーベルチュールスイート

コーティング作業に焦点を当てると、富澤商店のクーベルチュールスイートは流動性が高くて作業がしやすいのでおすすめ!

あとで詳しく解説しますが、
流動性が高い=サラサラしている、と思ってください

初めてボンボンショコラを作る人も、このチョコならさくさくコーティングが進む、というくらいなんですよ〜。

ちょっとバニラの香りが強め、というのは正直ありますが、コーティングに使うチョコに迷ったら、こちらを選ぶとよいでしょう。

富澤商店のクーベルチュールスイートはどこで買える?

いま紹介した富澤商店のクーベルチュールスイートは、

・富澤商店公式オンラインショップ

・富澤商店の楽天市場店

で購入ができます。

ざっと調べたところ、こっそりお伝えしますが、、楽天市場では公式より200円ほど高く売られていました。

なので、楽天ポイントに特にこだわりがなかったら、公式オンラインショップで買った方がいいかもしれません。

富澤商店のクーベルチュールを見る

カカオバリーのエキストラビター(カカオ分64%)

つづいてご紹介するのは、カカオバリーのチョコレート。

カカオバリーはチョコレートのラインナップが実に豊富で、迷ってしまうほど。

そんな中で、コーティング作業に向いているのは、カカオ分64%のエキストラビターというチョコレートです。

富沢商店のクーベルチュールに比べると割高になりますが、すっきりした後味とカカオの力強さのバランスがよいので、お店のような本格的ボンボンショコラに仕上がります。

小分けで売っているので、ちょっと慣れてきたころに買ってみるといいかもしれません^^

カカオバリーのチョコレートはどこで買える?

カカオバリーのチョコレートは、

・富澤商店のオンラインショップ(楽天市場店は少し高くなっているので注意)

・T-FOODSのオンラインショップ

で購入ができます。
1kg単位でよければ、T-FOODSの方が安く売っています(卸売りのため)。
けど、ボンボンショコラ20個程度のコーティングならチョコレートが300gあれば十分なので、1㎏もいらないな~ということであれば、富澤商店で購入できます。

富澤商店でカカオバリー64%の小分けを見る

カカオバリーのミ・アメール58%もおすすめ

いま紹介した64%ほどサラサラしていませんが、もう少しお手軽な値段のものでミ・アメールというカカオ分58%のチョコレートがあります。

こちらも、コーティングに使うことができます。

ミ・アメールは苦みや酸味がそこまでないので、中身とコーティングに両方使ってもおいしくできますよ~。
富澤商店でカカオバリーの58%を見る

ベルコラーデ 55%

3つめは、ベルコラーデというメーカーのチョコレートの55%チョコレートです。

このチョコレート自体はそこまでサラサラしているわけではないのですが、中身にもコーティングにも使えるオールマイティーなチョコレートということでおすすめ!

そこまで苦みがないので、濃厚ながらも明るい印象のボンボンショコラを作りたいときに特に向いています。

外国のメーカーの中では比較的お手頃な値段で売っているのも良い点です。

ベルコラーデのチョコはどこで買える?

ベルコラーデのチョコレートは、

・輸入会社の直営ネットショップ

・富澤商店公式オンラインショップ(富澤商店の楽天市場店は少し高くなっているので注意)

・T-FOODS

で買えますが、輸入会社の直営ネットショップとT-FOODSは5㎏単位(!)での販売なので、個人で作る程度ならおそらく富澤商店が一番都合がいいでしょう。

富澤商店でベルコラーデを見る

ボンボンショコラのコーティングに向いているチョコの選び方は?

ここまでで3つ、コーティングにおすすめのチョコレートをご紹介しましたが、そもそもコーティング向きのチョコレートとはどういう意味なのかというと、

溶かしたとき流動性が高いチョコレート

ということです。

見た目ではあまりわからないんですが、チョコレートによって、溶かしたときにサラサラとしているかもったりしているかという違いがあるんですよ~。

流動性が高いチョコレートは溶かしたときサラサラとしているので、コーティングを薄く仕上げるための大事な要素になります。

・商品説明

・パッケージに書かれているマーク

などを参考に選んでいくのですが、実際の使い心地は、自分で使ってみないとわかりません・・・。

わたしの場合、何種類かチョコを溶かして使ってみた結果、今はカカオバリー64%に落ち着いています。
富澤商店でカカオバリー64%の小分けを見る

まとめ

いかがでしたか。

この記事では、ボンボンショコラのコーティングに向いているチョコレートをご紹介しました。

復習すると、ボンボンショコラのコーティングを上手にするには、チョコレート選びが大事なのですよ~!

参考にして頂けたら嬉しいです。

もしこの件で質問がありましたら、コメント欄にご記入ください^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

他のチョコレート豆知識記事もどうぞ

他にもチョコレートの豆知識を書いています。

お時間ありましたら、あわせてどうぞ!

\よく読まれています/

スポンサーリンク
チョコレッスン開催しています♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事も読んでみてね