2017/08/16

チョコレートに合う飲み物の選び方のポイントはたった1つ、意外とシンプルよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

空港で約7年働いたのち、まったく異なる大手料理教室へ転職し、料理・ケーキ講師の経験を積む。

それと並行してチョコレートを学び、現在はショコラティエとして東京・二子玉川を中心にチョコレートイベントやレッスンを開催。

好きな場所は宮古島とパリ、得意技は美味しそうに食べること・気持ちよさそうに眠ること。
詳しいプロフィールはコチラ

 

チョコレート好きが集まる! 12月7日(木)ボンボンショコラを食べまくるディナー会を開催します 詳しくはこちらからどうぞ!

こんにちは、きょうこです。

今日はチョコレートに合う飲み物の選び方について、たった1つのポイントをお話します。

私もこのポイントを基準に、チョコレートとワインを合わせています^^

さっそく見ていきましょう!

チョコレートに合う飲み物選びのポイントはシンプル:「特徴を合わせること」

実はチョコレートに合う飲み物選びのポイントはシンプルでして、

  • チョコレートと飲み物の特徴を合わせること

たったこれだけなんです。

シンプルですが、大事なポイントです。

「ないもの探し」よりも「共通点探し」をすることが重要

チョコレートに限ったことではないですが、甘~いものを食べるときはそれをカバーするかのような飲み物を選びがちです。

それはそれで間違っているわけではないのですが、チョコレートと飲み物をセットで楽しみたいなら、「特徴を合わせる」方が断然オススメです。

そう、共通点探しです。

特徴を合わせるとどんな良いことがあるか?

チョコレートと飲み物の特徴を合わせると、

  • 口の中で調和する
  • 不快感を感じない
  • 味がつぶれない

といった良いことがあります。

口の中が調和すると美味しさは倍増します。

不快感を感じなければいつまでも美味しく楽しめます。

味が潰れるというのは、ひとつの強い味に他のものが負けてしまうということです。複数のもの食べているのに1つの味しか目立たないのはもったいないですよね!

ではいくつか例を見ていきます。

<例>ミルクチョコレートにはどんな飲み物を合わせましょう?

ということで、例としてミルクチョコレートに合わせる飲み物を決めるとします。

ミルクチョコレートといえば、

  • やさしい甘さ
  • ミルク風味

がおもな特徴です。

これに合う飲み物を選ぶといったとき、はたらく心理は

  • ミルクチョコレートは甘いから、さっぱりした飲み物を選ぼう

または

  • ミルクチョコレートの甘さをリフレッシュする飲み物はどれかな?

などが多いかと思います。「甘さを和らげる飲み物を選ぶ」という視点ですね。

しかし実は、考え方としては逆の方が良いです。「甘さに合う飲み物を選ぶ」という視点です。

なのでミルクチョコレートにカフェラテを選んだ方が、食べたときに心地よかったりします。同じミルク感が共通点だからです。

ちょっと意外かもしれませんが、甘い味どうしを選ぶことで、口の中で調和するのです。

もうひとつ例を見てみましょう。

カカオ分70%のチョコレートにカフェモカは合うでしょうか?

今度は具体的に見てみましょう。カカオ分70%チョコレート×カフェモカという例題です。

カフェモカとはエスプレッソにチョコレートシロップとスキムミルクを合わせたドリンクです。

同じチョコレートが入っているので相性が良さそうですが、

  • カカオ分70%のチョコレートは比較的まろやかな味のものが多い
  • カフェモカはコーヒーの中では酸味を感じるドリンク

という特徴があるので、結論から言うとカカオ70%のチョコレート×カフェモカはそこまで合わないです。

ただですね、ベトナムのチョコレートは酸味があるので同じ70%でもカフェモカと相性が良い可能性はあります。

チョコレートの特徴が商品説明に書かれていることが多いので、それを参考にしながら飲み物を選ぶと良いですね^^

さて、チョコレート×ワインの組み合わせを探すときも同じ視点です。次で見ていきます。

チョコレートに合わせるワインも同じ選び方:「特徴を合わせる」

ワインとチョコレートって合わないというイメージを持たれることが多いのですが、特徴を合わせれば相性良く楽しめます。

イベント等でも「チョコレートとワインって相性いいんですね!」と驚かれることが多いですが、それは特徴を合わせているからなのです。何でも合うよ!というわけではありません。

ワインもチョコレートも品種や製品によって様々な味があるので、実際に飲んだり食べてみないとワカラナイということも多々ありますが、ざっくりいうと、ワインなら

  • 酸味があるもの
  • 苦味があるもの・味が濃ゆいもの
  • ベリー系のもの
  • コーヒー味や木くずっぽい感じがするもの

などがあります。

一方のチョコレートも、

  • 酸味があるもの
  • 苦味のあるもの
  • ベリー系の香りがするもの
  • コーヒーや木の香り・味がするもの

があります。

そう、ワインとチョコレートの味・香りの特徴におけるバリエーションって結構似ているんです。

それらの中で特徴が合う部分を見つけてチョコレートとワインを組み合わせているわけです。

チョコレート×ワイン、相性のいい例

今までイベントなどで組み合わせてみて相性のよかったものをご紹介します。

  • キャラメル味のチョコレート×ニュージーランドのソーヴィニョンブラン(白ワイン)
  • キャラメル味のチョコレート×シードル:意外だけどめっちゃ合います。
  • コーヒー味のチョコレート×ピノタージュ、テンプラリーニョなど濃いめの赤ワイン
  • 塩ミルクティー味×ミネラル系白ワイン
  • パッションフルーツ味×南仏のピノノワール(上の写真)

ピノノワールは色んな地域で栽培されますが、地域によって特徴が異なります。

同じピノノワールでも、ドイツなど北の方のものだとパッション味のチョコレートとは相性が合いません。

各々の特徴をとらえて組み合わせを探しています^^

まとめ

いかがでしたか。

今日はチョコレートに合わせる飲み物のについてお話しました。

「特徴を一緒にする」、この視点から組み合わせを選んでみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -

空港で約7年働いたのち、まったく異なる大手料理教室へ転職し、料理・ケーキ講師の経験を積む。

それと並行してチョコレートを学び、現在はショコラティエとして東京・二子玉川を中心にチョコレートイベントやレッスンを開催。

好きな場所は宮古島とパリ、得意技は美味しそうに食べること・気持ちよさそうに眠ること。
詳しいプロフィールはコチラ

 

Copyright© 1粒革命チョコレート教室Atelier Kyon-chocolate , 2017 All Rights Reserved.