ヒルトン東京苺ブッフェ2020-2021予約はいつから?当日キャンセル待ちについても
スポンサーリンク
ヒルトン東京のストロベリーブッフェ2021-2022はいつから予約できるのか知りたい

ヒルトン東京のストロベリーブッフェって当日キャンセル待ちできるの?

↑当記事ではこんな疑問にお答えします。

ヒルトン東京の苺フェアは、約5ヶ月間毎日開催しているにもかかわらず、連日満員御礼のアフタヌーン・デザートブッフェ。

豪華な苺ブッフェを楽しんでいる方々はいつ予約しているのか・・・気になりますよね。

結論から言うと、だいたい例年11月中旬から予約受付がスタートします。

さて続きでは、

  • 例年、苺フェアはいつ頃予約スタートしているのか?(具体的なスケジュール)
  • 当日キャンセル待ちはできるのか

といった点をご紹介します。

ヒルトン東京の苺ブッフェを狙っている方はぜひ参考にしてくださいね。

それではいきましょう!

スポンサーリンク

ヒルトン東京苺ブッフェ2021-2022の予約はいつから?

ヒルトンの苺ブッフェは毎年12月26日からスタートし、5月くらいまで続きます。

2020-2021年の会期と予約時間はこんな感じでした。

2020-2021ヒルトン苺フェアの会期:
2020年12月26日(土)2020年12月31日(木)
2020年1月4日(月)~5月末(予定)
※11:30~、12:00~、12:30~、14:00~、14:30~、15:00~で2時間制

(上記データの2021-2022年版は情報がわかり次第、更新します)

ここ数年は、

  • 11月中旬にTable Check(公式ホームページの予約機能)の先行受付がスタート
  • 順次、一休.comなどで予約開始

といった感じです。

だいたい11月中旬くらいにTable Checkの会員向け予約受付スタートのお知らせがマーブルラウンジの詳細ページ に出てきます。

私の場合ですが、具体的にいつ予約取ったかというと、

  • 2016-2017分は11月14日に、
  • 2017-18年分は11月25日に、
  • 2018-2019年分は11月10日に

それぞれ予約しました。(※2020年は行けず)

「利用日の○日前から予約受付」とかはなく、11月に解禁されたら、期間中ほぼすべての日にちが選べます。

ですので、11月第2週あたりから情報チェックしておくとスムーズに予約が取れそうですね!

>>ヒルトン東京苺ブッフェの詳細ページはこちら

>>一休.comでチェックする場合はこちら

スポンサーリンク

ヒルトン東京苺ブッフェは当日キャンセル待ちできる?

うっかり予約し忘れた年があり、友人と当日キャンセル待ちを試みたことがあるので、その情報もシェアしますね。

当日お昼の12時にマーブルラウンジに行った時点で私の前に10組のキャンセル待ちがいたのですが、粘り強く待っていたところ、16時過ぎに呼ばれました。

メモ
ストロベリーブッフェは14:30~17:30までの開催なので、予約キャンセル分だけでなく早く帰った人がいると順番がまわってきます。

何時に呼ばれてもお値段は同じですが、時間が遅いからって特定のスイーツがなくなることはほとんどないので、同じように楽しむことはできます。

当日キャンセル待ちのルール

当日キャンセル待ちをしたい場合、ヒルトン東京に出向く必要があります。

数年前の話なので、もしかしたらシステムが変わっているかもですが、一応書いておきますね。

ヒルトン東京に行く
1Fのマーブルラウンジ(苺ブッフェの会場)でキャンセル待ちリストに名前を入れる
呼び出しは電話なので、確実に出られる携帯の番号を書く
空きが出た場合のみ、連絡が来る
※電話での当日キャンセル待ちはできない

待っている間はヒルトン東京の外に出てもOKなので、近くのショッピング施設を楽しんでもOKです!

さて、以上が予約&当日キャンセル待ち情報ですが、この先は個人的におすすめの楽しみ方をご紹介します。

快適に楽しめるコツをお伝えしていますので、お時間あればさらっとどうぞ・・・。

ヒルトン東京苺ブッフェの楽しみ方おすすめ

スイーツ取るために列に並ばないといけないのですが、ほぼ毎年行っていた期間にわかったのが、時間によって混む場所が変わるということ。

混む順番としては

  1. 写真映えする、メインのスイーツ列(マーブルラウンジ入って左側)が最初に列をなす
  2. 少し時間が経つと、セカンドのスイーツ列(マーブルラウンジ入って右側)が並び始める
  3. その次に軽食がある列とアイスコーナーに列ができる

といった感じです。

なのであえてこの列の波を外すようにしてストロベリーブッフェを楽しむと快適です。

  • 最初にセカンドのスイーツ列と、軽食を取る
  • 早い段階でアイスも楽しむ
  • 列がなくなった隙にメインのスイーツ列に行く

といった順番だとあまり待たずに食事や飲み物をゲットできます。

もちろんこの波の順番は日によって変化が出てくることもあるでしょうから、比較的並んでいない列を探して楽しんでくださいね。

メモ
アイスが結構おいしいのです・・・
なので満腹になる前に楽しんでほしい!
コールドストーン風のアイスを作ってくれます。
オススメは、ストロベリーアイスベースにオレオとパイ生地といちごを入れた味です^^

写真は16時以降、のんびり撮れるので焦らずに

ここ数年はヒルトン東京のストロベリーブッフェは内装もかなり凝っていて、THE・写真映え!って感じの雰囲気なので、とにかく写真を撮りたくなります。

列に並んでいる間にきれいな写真を撮ってしまいたい!と思っていても、人がたくさんのため、手が入り込んだりしてなかなか難しかったりします。

ヒルトン東京のストロベリーブッフェは時間が経ってもスイーツがなくならない(随時補充される)のが特徴なので、あとから写真を撮ってもほとんど問題がありません。

むしろ、16時を過ぎるとめっきり列がなくなるので、写真を撮るのに絶好のチャンスです。
ということでまずはスイーツや軽食を存分に楽しむのが賢い楽しみ方です^^

16時過ぎれば、少し遠めから撮っても余裕です(笑)

トイレは2階の利用がおすすめ

ちなみに・・・ですが、トイレは2階の利用がおすすめです。

マーブルラウンジの近くにもトイレはあるのですが、そこは大列ができるため、時間ロスが発生するんですよね~。

一方、2階のトイレはスカスカで、1階よりも個室数が1つ多いんです。

マーブルラウンジを突き刺すようにあるらせん階段を昇って左に進むと2階のトイレがあり、そう遠くないですので、少しでも長くスイーツを楽しむための工夫として参考までに。

まとめ

この記事では、ヒルトン東京の苺ブッフェについて、予約はいつからかや当日キャンセル待ちについてお伝えしました。

まとめると、

  • 苺ブッフェの予約は毎年11月中旬からスタートしている
  • 「利用日の○○日前から受付」とかはないので、早めの予約がおすすめ
  • まずはTable Checkから受付がスタートし、順次一休.comでも予約できるようになる

といった内容です。

この記事が参考になれば嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました!

>>ヒルトン東京苺ブッフェの詳細ページはこちら

>>一休.comでチェックする場合はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

この記事も読んでみてね