スポンサーリンク
cottaと富澤商店どっちにする?

コッタの店舗ってどこにある?

富澤商店とcuocaの違いは

スポンサーリンク

富澤商店とコッタどっちにする?2社比較

製菓材料店の大手として有名なのが、富澤商店とcottaコッタ。

似ていますが、どのように違うのか、比較してみましょう。

個人会員の場合

個人会員の違いを比較するとこんな感じです。

富澤商店cottaコッタ
強み製菓材料の小分けが豊富キャンペーンが豊富
ラッピングや便利グッズが豊富
送料地域別送料全国一律
送料無料基準5,980円(税込)以上キャンペーンで無料になることがある
楽天の有無 あり
*3,980円税込以上で送料無料
あり
*3,980円税込以上で送料無料
*商品によっては公式サイトより
少し価格が高くなっているものもある

わたしは個人会員としてはコッタを使うことが多いです。

理由はお鍋や道具、便利グッズなどの品ぞろえが豊富なのと、キャンペーンが多いからですね。

富澤商店は、ちょっと足りないときや新しい材料を試したいときに実店舗で買うことが多いです(近くにあるので)。

ただ、ネット上で急ぎで買いたいなら、富澤商店はよほどの繁忙でない限り、お昼12時までの注文で原則当日発送してくれるので、便利です。

富澤商店もコッタも楽天市場店があるので、楽天ユーザーの場合は便利に買い物ができます。

>>富澤商店 楽天市場店はこちら

>>cotta コッタ楽天市場店はこちら

ビジネス会員の場合

仕入れとして利用したい場合はこのような違いがあります。

富澤商店 for Businesscottaコッタビジネス
支払い方法クレジットカード
代引
掛け売り(後払い)
クレジットカード
代引引換
送料地域別送料全国一律
送料無料基準9,980円(税込)以上(キャンペーン中)
*ただし毎月送料無料クーポンが
配布される(2~3枚)
11,000円(税込)以上
*ただしクール便手数料は常にかかる
その他特徴 月間20万円(税込)以上の購入で
翌月の商品代金がすべて5%引き
卸限定のキャンペーンなどあり
個人会員より約20%オフで買える

個人的には、富澤商店のビジネス会員では掛け売りができるのが便利と感じます。

掛け売りはPaidという業者を使いまして、1か月の購入分を翌月末までにまとめてお支払いするシステムです。

TOMIZ(富澤商店)オンラインショップ

cottaコッタのサイトはこちらcotta

スポンサーリンク

cottaコッタの特徴は?実店舗はある?

さて、今度はお店ごとに特徴をご紹介します。

まずはcottaコッタですが、実店舗がない、ネット通販専門の会社です。

そうやって聞くと怪しい感じがしますが、東証のマザーズに上場しているのでそこそこちゃんとした会社でしょう。

特徴としては、

  • 製菓材料のほかに、ラッピングや便利グッズ、通信講座とバラエティに富んでいる
  • キャンペーンが豊富
  • 小分けより業務用サイズの方が得意
  • 珍しい製菓材料の販売もあり
  • 有名パティシエとコラボした製菓器具なども販売

何回も使っていますが、今のところ健全に買い物ができています。

商品の発送地大分県
得意分野業務量の製菓材料・ラッピング・季節材料・便利グッズなど
送料6,500円未満で送料660円、6,500円以上で送料220円
*クール便対象品購入の場合は別に手数料がかかる
*全国一律料金
送料無料条件なし(キャンペーンで一定額以上の買い物で
無料になることあり)
ポイント制度あり
楽天の有無あり
*3,980円税込以上で送料無料
強みセールやキャンペーンが多い
食塩不使用バターを安く買えることが多い
デメリットこちらが指定しないと当日発送や翌日発送にならない

cottaコッタのキャンペーンを見て「そうそうこんなの欲しかった!」って思うことが多く、それでレッスン道具が充実していくので重宝しています。

ちまちま買うのには向いておらず、狙っていたもの・いいなと思っていたものをまとめて買うことが多いですね。

cottaコッタは個人会員とビジネス会員どっちがいい?

cottaビジネスは個人会員より20%オフで買えるメリットがあります。

が、システム的に言うと、個人会員とビジネス会員そこまで変わらないです。

購入頻度や金額は人によってさまざまですから一概には言えませんが、cottaコッタの個人会員とビジネス会員の特徴を比較するとこのようになります(2022年3月時点)。

cottaコッタ個人会員cottaコッタビジネス会員
支払い方法クレジットカード
代引引換
クレジットカード
代引引換
送料全国一律全国一律
送料無料基準なし
*キャンペーンで無料に
なることも
11,000円(税込)以上
*ただしクール便手数料は常にかかる
その他特徴個人会員より約20%オフで買える

個人会員より20%オフで買えるというのは大きいですが、例えば食塩不使用バターを例に比較すると、

  • 個人会員は1~2個の購入までは安い
  • ビジネス会員は4個買うと安い

みたいな違いがあるので、どちらがいいか?は仕入れの規模によって変わってきます。

このように、材料や道具1種につき1~2個とかではなくもっと多く買うようであれば、ビジネス会員自体の登録や維持費は無料なので登録しておいて損はないでしょう。

もしわたしがコッタビジネスで買うなら、ラッピング用品や道具系かなーという印象です。

コッタビジネスはクール便手数料の割引がないので、常温品買うのがメインだと便利かもです。

>>コッタcottaを見てみる
>>cotta コッタ楽天市場店はこちら

富澤商店の特徴は?

富澤商店は実店舗もあり、リアルで買うのもネットで買うのも両方できるのがいいところですね。

わたしは関東に住んでいるので、発送後翌日届くのが便利です。

商品の発送地神奈川県
得意分野製菓材料が多岐にわたる商品ラインナップ
送料無料条件5,980円(税込)以上で送料無料
*ただしポイント使ってその金額未満になると
送料発生する
ポイント制度あり
*ただし1回に使えるポイントは300円分まで
楽天の有無あり
*3,980円税込以上で送料無料
*直販サイトより少し高い
強み製菓材料の小分けラインナップが充実
デメリットポイント使用ルールが少し厳しめ

富澤商店の一般会員とビジネス会員どっちがいい?

富澤商店にもビジネス会員制度があります。

比較すると、仕入れに使うなら富澤商店のビジネス会員はアリですね。

一般会員とビジネス会員の比較をするとこうなります。

富澤商店一般会員富澤商店 for Business
支払い方法クレジットカード
楽天ペイ
LINEペイ
代引
クレジットカード
代引
掛け売り(後払い)
送料地域別送料地域別送料
送料無料基準5,980円(税込)以上
*ただしクーポンや割引を
使ってこの金額を下回ると
送料がかかる
9,980円(税込)以上
*ただし毎月送料無料クーポンが
配布される(2~3枚)
その他特徴 月間20万円(税込)以上の購入で
翌月の商品代金がすべて5%引き
卸限定のキャンペーンなどあり

以前(コロナ禍になる前)は一般会員でも送料無料キャンペーンやプレゼントキャンペーンなどあったのですが、最近はなくなってしまいました。

その代わり、ビジネス会員には送料無料クーポン配布したりなど少し手厚いのかもしれません。

>>TOMIZ(富澤商店)オンラインショップはこちら

cottaと富澤商店どっちにする?違いを比較

コッタの店舗はどこにある?

富澤商店とcuocaの違いは

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事も読んでみてね