チョコレートモニター募集中!

      2017/06/11

ハイカカオチョコレートって何?その基準を見てみよう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

空港で約7年働いたのち、まったく異なる大手料理教室へ転職。料理・ケーキ講師の経験を積む。それと並行してチョコレートを学び、現在はショコラティエとして東京・二子玉川を中心に活動。
チョコレートイベント、レッスンを開催しています。好きな場所は宮古島とパリ。
得意技は、美味しそうに食べること、気持ちよさそうに眠ること。
詳しいプロフィールはコチラ

きょうこ

こんにちは。ワインショコラティエのきょうこです。

今日はハイカカオチョコレートについてお話します。

ここ数年でよく耳にするようになった「ハイカカオ」「高カカオ」。

bean to bar(ビーントゥバー)の登場や明治 ザ・チョコレートの発売などにより、一般的にもだいぶ身近なものになりました。

私は、ハイカカオ=苦い」というイメージを持っていましたが、最近のものはそれが払拭されるものばかりですよ~!!

そもそもハイカカオチョコレートとは何なのか?

まずここからですね。ハイカカオチョコレートはいったい何者なのか、見ていきましょう。

基準はカカオマスの含有量

結論からいうと、ミルクチョコレートとかスイートチョコレート、ハイカカオチョコレートなどと呼ばれているのはカカオマスの含有量が基準となっています。

カカオ豆からチョコレートになるまでには様々な工程があるのですが、状態の変化をざっくり並べると以下のような流れになります。

カカオ豆→カカオニブ→カカオマス→砂糖やその他の材料を足して→チョコレートになる

つまり、チョコレート=カカオマス+砂糖やその他の材料ということです。

このカカオマスがチョコレート全体にどのくらい含まれているのか、それがカカオ○○%という表示になります。

その他の材料とはミルク分、カカオバター、植物油脂などです。

その他の材料は必ずしも使うわけではなく、使うかどうか・何を使うのかは商品やお店によって変わってきます。

 

カカオマスが70%前後含まれているものがハイカカオチョコレート

カカオマスの含有量がチョコレートのカカオ○○%の表示にあたる、ということで、

  • カカオマス含有量70%前後かそれ以上=ハイカカオチョコレート

というのが一般的に言われている基準です。

苦い=ハイカカオというわけじゃないんですよ~(笑)

ちなみに

  • ミルクチョコレートはカカオ分20%程度
  • ビターチョコ、ブラックチョコ、スイートチョコは40~60%

と言われています。

以上がハイカカオチョコレートの基準です。

ハイカカオチョコレートの良い点は?

では次にハイカカオチョコレートだとどんな良い点があるのか、2つの点を見ていきます。

1、健康や美容に良い

ここ近年でチョコレートのイメージが「甘いおやつ」から、「健康や美容に良いもの」に変わってきていますが、これはカカオそのものが注目されるようになったからです。

カカオが健康や美容にいい→ハイカカオブームとなった、という感じです。

カカオマスに含まれる成分で代表的なものは、以下の3つです。

  • ポリフェノール
  • リグニン
  • テオブロミン

それぞれの成分の効果はこんな感じです。

成分 効果
ポリフェノール 抗酸化物質が含まれており、アンチエイジングに効果的と言われています
リグニン リグニンとは不溶性食物繊維。食物繊維ということは腸への働きかけが期待できます
テオブロミン ほぼカカオのみにしか存在しないと言われている成分です
リラックスに役立ちます

健康や美容にいいといっても、食べすぎには気を付けてくださいね~。

2、カカオ産地の個性を楽しめる

2番目の良い点は、カカオの産地による違いを楽しめるということです。

カカオはほぼ似たような気候の国で栽培されているのですが、産地によって見事に特徴が異なります。

例えばベトナムのカカオは酸味がある、コロンビアのカカオ豆はクリーミーなど・・・

きょうこ

この違いは、ビーントゥバーに行ってすごくよくわかりました!

カカオ豆の風味や香の違いをより楽しめるのがハイカカオチョコレートです。

そりゃそうですよね・・・カカオマスが多く含まれているんだもの。

さらに面白いことに、同じ産地でもお店によって若干風味が異なるんです。

ボンボンショコラやケーキにしなくても、チョコレートそのものを楽しめるそれがハイカカオチョコレートの良いところだと思います!

ハイカカオチョコレートが買える場所

ハイカカオチョコレートはどこで買えるのでしょうか。

私が遭遇した限りですが、ご紹介します。

1、スーパー

生活圏にあるスーパーにきっと置いてあるでしょう。

明治のザ・チョコレート、チョコレート効果などです。

2、ビーントゥバー専門店

ハイカカオチョコレートを楽しむなら、断然ビーントゥバーがおすすめです!

お店によりますが、70%前後のハイカカオチョコレートが豊富にラインナップされており、カカオの産地でチョコレートを選ぶ楽しみ方ができます。

産地別にチョコレートを楽しみたいかたはおススメです^^

私はクラフトチョコレートワークスに行ったり、green bean to bar chocolateに出かけました!

3、海外のスーパー、ショコラティエ

まぁこれは国により品揃えが異なりますが、、海外のスーパーやチョコレート店で買うのもおもしろいです。お土産にもできますね^^

私は以前、パリ市内を歩いていて見つけたショコラティエでひたすら1粒ずつ買って試食していくということをやりましたが(笑)、お店によって特徴が異なるので興味深かったです。

チョコレートは海外でもたっぷり楽しめる食べ物ですね。

ちなみにパリは10歩歩けば次のチョコレート店、というくらいたくさんあります(ちょっと大げさ)

まとめ

いかがでしたが。

今日はハイカカオチョコレートについてさくっとお伝えしました。

他の記事でもっとチョコレートについて深掘りしていきますね!

 

最後にお知らせ

◇ショコラティエきょうこより今後のお知らせ◇ 秋から、単発チョコレートレッスンをリニューアル&コースレッスンが登場予定です。 コースレッスンは、
  • 作るだけではない、○○もするレッスン!
と題して構想を立てています^^ また、秋からチョコレート定期販売に向けて準備を進めております。 ともにブログ内でお知らせしていきます! きょんちょこのチョコレートモニター募集しています^^ 新作チョコの試食モニター、アウトレットチョコレート販売(※味は問題ないけど、傷やちょっとした欠けがあるもの)のお知らせ、その他先行案内などを受け取れます。      
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です