• ボンボンショコラ作り
    ボンボンショコラを作るときに板チョコを使ってもいいんでしょうか?
    2017年11月5日
  • ボンボンショコラ作り
    お店に負けない!プロ並みボンボンショコラの作り方を徹底解説!
    2017年4月20日
  • 食べ歩き
    アイス派だけどこれは美味しい!おすすめチョコレートソフトクリーム
    2018年3月27日
  • チョコレート豆知識
    カカオの生産地域は狭いんだ。だからチョコレートは高いのだ。
    2017年7月11日
チョコレートの名前にはたくさん種類があるけど、結局はアレが入っていない、同じものだよ!

こんにちは、ショコラティエのきょうこです。

今日は、チョコレートの名前と種類について解説します。

この件を気になっていた人の解決になりますように。

さっそく見ていきましょう~!

スポンサーリンク

チョコレートの名前、種類ありすぎぃ~~!ビター、スイート、ダーク、ブラック、セミスイート。実はこれ・・・

同じようなチョコレートを指しているのに、違う名前で聞くなぁ・・・そんなことはありませんか?

例えば

  • ビターチョコレート
  • スイートチョコレート
  • ダークチョコレート
  • ブラックチョコレート
  • セミスイートチョコレート

など・・・パッと思いつくだけでも5種類。

しかし実はこの5つ、すべて同じチョコレートです。国やお店によって呼び名が違うだけ。

ご存知でしたか?^^

○○が入っていなければ、すべて同じ分類です

上で5種類の名前を出しましたが、これらはミルク分(粉ミルク)が1mmも入っていないという共通点があります。

つまりミルク分を使っていないものは、名前が異なっても同じチョコレートを指しているということです。

ミルクチョコレートも、ホワイトチョコレートもミルク分(粉ミルク)が入っています。

 

 

↑ブラックチョコレートが抜けてしまってますが、原材料の違いを表すとこんな感じです

余談ですが、わたしは昔、セミスイートチョコレートはダークチョコレートとミルクチョコレートの中間だと思っていました(笑)

でもそうではなく、全部同じものを指すんですね~。

セミスイートは、アメリカでよく使われる言い方のようですよ。

 

ちなみにカカオ分50%のチョコレートも70%のものもすべて同じ分類

カカオ○○%という表記に、50%だったり70%だったりといろんな数字があり、これはカカオ分が含まれている割合を指します。

ですが、この数字によってチョコレートの種類は分かれてはいません。

ミルク分(粉ミルク)を使っていなければ、何%と書かれていようとひとくくりです。

とはいえ、最近はハイカカオチョコレートというのが出てきています。これは、

  • カカオ分70%以上のチョコレート

を指していますので、実質は区切っているような感じになっています。

ただ正式な分類ではないので、結局はハイカカオチョコレートも同じ、ビター・スイート・ダーク・ブラック・セミスイートチョコレートであります。

まとめ

いかがでしたか?

今日は、チョコレートの名前と種類について解説しました。

名前がいっぱいありすぎて混乱しますが、結局同じものとわかれば少しすっきりしますね!

よかったら参考にしてください^^

スポンサーリンク
  • ホワイトチョコレートはチョコレートなの?原材料から解説するよ
  • カカオの生産地域は狭いんだ。だからチョコレートは高いのだ。
  • ボンボンショコラを作るときに板チョコを使ってもいいんでしょうか?
  • チョコレートを溶かすときに!知っておきたい3つの注意点
  • コーティングチョコレートとは?性質とメリットとデメリット!
  • 【チョコレートと値段】なぜ商品によって差があるのだろうか?カカオバターの有無に焦点を当てて解説!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事