ホワイトチョコレートって結局のところ、チョコレートなの? ホワイトチョコレートの原材料をおしえて!

こんにちは、東京・神奈川のチョコレート教室・きょうこ です。

私たちの思い描く「チョコレート」とは色も味も違う、ホワイトチョコレート。

本当のところ、チョコレートに分類されるのかどうか気になりますよね!

そこでこの記事では、ホワイトチョコレートはチョコレートなのか?という疑問についてガチで解説します。

もしもあなたが、ホワイトチョコの正体について気になっているようでしたらきっと参考になりますよ。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

ホワイトチョコレートはチョコレートなの?結論は!

ホワイトチョコレートは私たちが思い描くチョコレートの味や香りがしないので、果たして本当にチョコレートなのか?疑問ですよね。

これについて諸説ありますが、ここでお伝するのは、

「ホワイトチョコレートは立派にチョコレートのひとつである!」

ということ。

そのように言うポイントは、原材料のひとつ「カカオバター」にあります。

カカオバターが判断のキーポイント

チョコレートの袋に「カカオ分○○%」の数字が書かれていますよね。

カカオ70%とかカカオ40%とかっていう表示ですね。

この数字は、

・そのチョコレートの中で、カカオマスとカカオバターの割合

を示しています。

カカオマスというのがチョコレートの風味を決定付ける重要な原材料。

チョコレートといえば、の色や香りはカカオマスからきています。

一方のカカオバターは、カカオの豆から取れる油脂分で、無色透明、味はほぼありません。

ホワイトチョコにはカカオマスは入っておらず、カカオバターのみ使われています。

なのでチョコレートらしい色や香りがないのですが、カカオマスが入っていなくいても、カカオバターが規定以上入っていれば「カカオ○○%」の数字になり、チョコレートと名乗ることができます。

ホワイトチョコレートはカカオバターが主原料のひとつとなっているなので、チョコレートといえる、ということです。

ホワイトチョコレートが白い理由は?

逆に言うと、カカオマスが入っていないからホワイトチョコレートは白いのです。

ホワイトチョコレートのおもな原材料は

  • カカオバター
  • 砂糖
  • 乳製品

この3つ。

スイートチョコレートやミルクチョコレートと何が違うのかというと、

  • カカオマスが使われていない

ということです。

つまり、ホワイトチョコレートにはカカオマスは使われていないということが、他のチョコレートとの決定的な違いです。

ホワイトチョコレートって、他のスイートチョコレートやミルクチョコレートとは風味が異なりませんか?

それはカカオマスを使ってないから。

カカオマスを使っていないためカカオの風味がないのです。

では次にカカオバターとは何者なのか、見てみましょう。

カカオバターの特徴

カカオバターは、カカオマスの中の油脂分です。

  • 無味無臭
  • 体温よりちょっと低い温度で完全に溶ける
  • 口に含むとすっと溶ける
  • でも、そのまま食べるとまずい(笑)

という特徴があります。

無臭と言っていますが、実際はちょっとロウっぽい香りがします。

カカオバターは以下のような流れでできます。

カカオ豆→いくつかの工程を経て→カカオニブ→すりつぶしてカカオマス→そのカカオマスを圧搾して(遠心分離して)取り出した油脂分=カカオバター

カカオマスやらカカオバターやら似たような言葉が出てきて混乱しますが、

  • カカオマスは黒
  • カカオバターは白

ざっくりそう思ってください。

ホワイトチョコレートの白色なのはカカオマスが入っていないから。

つまり、ホワイトチョコレートはカカオバターが骨格になっているチョコレートなのです。

ではなぜホワイトチョコレートはチョコレートに分類されるのか

ということで、私たちが思う「チョコレート」のイメージと少し離れているホワイトチョコレートも、立派なチョコレートの種類のひとつなわけですが、なぜチョコレートに分類されるかというと、「公正競争規約」というもので定められているからです。

分類の基準は公正競争規約にある

日本には、「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」というものが存在します。

この規約がチョコレートかどうかを分類していて、以下の基準でチョコレートかどうかを分類しています。

  • カカオ分が全体の重量の35%以上
  • カカオバターの重量が18%以上
  • 水分が3%以下

これらの基準をクリアしているものが「チョコレート」と名乗れるよ、と規約では言っています。

最初に解説したとおり、カカオ分=カカオマス(黒)とカカオバター(白)の合計ですから、カカオバターだけでも基準をクリアしていれば、チョコレートと言えるわけです。

まとめ

いかがでしたか。

今日はホワイトチョコレートはチョコレートなのか?という点についてお伝えしました。

復習すると、

  • ホワイトチョコレートはカカオバターが使われているのでチョコレートと分類される

ということです。

しかし実は一番多く使われている原料は砂糖だったりします。

ちょっと意外ですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

この記事も読んでみてね